オッショイ!ゲンキby博多

2015年06月04日

2015 博多祇園山笠

みなさん、こんにちは!
最近暑い日が続いておりますが、元気にお過ごしでいらっしゃいますか?

博多の夏と言えば、そうです!「博多祇園山笠」の季節がやってきました。
今年も7月1日から15日まで行われます。

知っている方も多いと思いますが、知らない方のために「博多祇園山笠」についてご説明します。
諸説あるのですが今回は比較的に広く知られている起源をお伝えいたします。
「博多祇園山笠」は1241年、なんと774年も前から行われており当時、聖一国師が疫病除去のために
施餓鬼棚(せがきだな:密教の大壇・護摩壇も広義の祭壇)に乗って祈祷水(甘露水)を
まいたのが始まりとされています。
当時は神仏混淆の時代。これが災厄除去の祇園信仰と結びついて山笠神事として発展したそうです。
なのでとても古く伝統的なものなのです。
IMG_7634
私たち、すこやか工房の前を通った時の流舁き(舁き山笠)

IMG_2149
直に見るとすごい迫力です!

そして、何といっても目玉は最終日の15日の早朝に行われる「追い山笠」
午前4時59分から大太鼓の合図とともに約5kmにも及ぶ「追い山笠コース」を
男達が様々な舁き山をかつぎ駆け出します。その姿はとても圧巻で1度見たら忘れられません!

そして今年の標題は七福神や歌舞伎、合戦物、黒田武士、博多を舞台にした物など
多彩な標題が登場します。
今回は何と、サッカーチーム・アビスパ福岡の飾山がキャナルシティに登場します。
ドームの鷹&キャナルの蜂を見る事が出来そうです。
毎年話題になるアニメキャラクターの飾りは、お馴染み「サザエさん」が新天町と博多駅に、
「ドラえもん」が川端中央街に登場。
渡辺通一丁目は9年連続で続いた「名探偵コナン」に代わり「アンパンマン」が登場します。
私も早く見たくて今か今かと待ち遠しいです。

毎年行かれる方は今年も、行かれたことがない方は今年から、
ぜひとも足を運んでみてはいかがでしょうか。

NEW

新着の記事