オッショイ!ゲンキby博多

2020年02月13日

新硯稲荷神社

皆様こんにちは。

春風待ち望む今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

今回は櫛田神社からも程近く、通路の奥にひっそりとたたずんでいる

新硯稲荷神社についてご紹介します。

新硯稲荷神社は、他の稲荷神社と違い

屋根瓦に狐の像が潜んである、ちょっと珍しい神社。

新硯稲荷神社で祀られているのは「宇賀御魂命」(うかのみたま)で

元々は農業の神ですが、現在は商工業を含め産業全体の神として信仰されています。

「うかのみたま」の「ウカ」は古い言葉で穀物・食物の意味だそう。

また、今月上旬には全国の稲荷神社で実りを祈念する「初午祭」が、

新硯稲荷神社でも例年通り執り行われました。

今年も実りある年になったらいいですね。

それでは、まだまだ寒暖差が激しい折ですので、

くれぐれもご自愛くださいませ。

提供:福岡市

NEW

新着の記事